DLitePrinter V2.0.4にバージョンアップしました

DLitePrinterをVer2.0.4にアップデートしましたので公開します。 今回の修正点は、ユーザの方々からの指摘を受けた点の修正です。 1.「16.工事設計書」後の「添付書類」を印刷するようにした           (many thanks to JG1XDE) 2.元号「令和」を追加 「DXmlToPdf.…
コメント:0

続きを読むread more

STANDARD VHF/UHFトランシーバ C500の修理

STANDARD製のVHF/UHFハンディトランシーバ C500を修理しました。 近所のX氏より、動作しないとのことでいただいたものです。 当初、ハンディ機用のホイップアンテナ測定ジグにしようと思っていましたが、その前に動作の確認をしてみようと思い立ちました。 送信は既定の電圧でVHF/UHFとも5Wの出力があります。UHFで…
コメント:0

続きを読むread more

改めてDMM(デジタルマルチメータ)を勉強

いまさらのDMM(デジタルマルチメータ)の使い方 DMM(デジタルマルチメータ/デジタルテスタ)を20年くらい前から使用していましたが、いまさらになって、その使い方/使用方法などを調べ始めました。 結局、良く分かっていなかったといえます。 アナログのメータは、学生時代にYOKOKAWAの25cm角程度の黒いエボナイト?の0.5…
コメント:0

続きを読むread more

DLitePrinterをアップデートしましたので公開します。

DLitePrinterをVer2.0.3にアップデートしましたので公開します。 今回の修正点は、ユーザの方々からの指摘を受けた点の修正です。 1.北海道を常置場所/設置場所としている方から、アプリがエラーになる指摘を受けました。(thanks to JH8EJA,JL8XTP) 住所が北海道の時に、コードから都道府県名を参照…
コメント:0

続きを読むread more

YAESU FT-897でオートアンテナチューナとCATの同時使用(2)

前回からの続きです。 ローカル局のL氏から、YAESU FT-897でYAESUのオートアンテナチューナとCATを同時使用できるようにする装置を作ってほしいとの要望がありました。 自分としても確認してみたいので、2つ返事でOKの返信をしました。 過去の同類の記事をネットで見てみると、RJ45中継コネクタからシリアル信号を取…
コメント:0

続きを読むread more

YAESU FT-897でオートアンテナチューナとCATの同時使用(1)

先日、ローカル局のL氏と無線機のお話をしている時、YAESU FT-897ではYAESUのオートアンテナチューナとCATを同時使用できないと聞かされた。オートアンテナチューナを使用すると、HAMLOGなどで周波数・モードを自動読み取りできず不便しているとのことでした。マニュアルを読むと本体背面のCAT/TUN端子をメニューでCATで使用…
コメント:0

続きを読むread more

SARK-110 アンテナアナライザの設定

SARK-110 アンテナアナライザを普段使いしやすくすように設定してみました。 1.OSLキャリブレーション SARK-110は、0.1MHzから230MHzの周波数範囲で使用可能です。何も考えずにこの範囲でキャリブレーションを行うと、キャリブレーションポイント数が400であるので、1ポイント当たりの周波数間隔は、おおよそ 2…
コメント:0

続きを読むread more

NanoVNA-H4付属の50Ω抵抗を測定してみた

友人G氏が今話題のNanoVNA-H4を入手したので、操作方法を習得し教えるという約束で早々借用し使用してみました。NanoVNA-H4のLCDのサイズが4インチで、NanoVNAの2.8インチより大きくタッチスクリーンの使い勝手はよいと思います。また、NanoVNAと違って、しっかりしたケースに収まっていますので、ごみなどの侵入も防げ…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(8)

8.スケッチ k3ng_rotator_controller の修正 スケッチの修正作業を行いました。 ウエブリブログでは、コードを分かりやすく表示できません(私ができないだけかも?)。以下では、(File name)は該当のファイル名を、コードはCode exsampleの赤文字でコードを示しています。改行も分かりにくいか…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(7)

7.DCモータドライバ 中国から「L298Nモータードライブコントローラーボード」がようやく届きました。入手まで約1.5か月です。新型コロナ問題や、郵便事故などがあって遅延したようです。1個目が届いてから、数日中に同じものが届きました。郵便事故扱いで再送されたものでした。 基本的な部品がそろいましたので、すべての部品を接続し…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(5)

5.L298N モータドライブコントローラモジュール 3月26日現在 中国に注文した、モジュールがまだ届いていません。新型コロナウイルスの影響がここにも出てきています。 手をこまねいていてもしょうがないので、モジュールの代わりにLEDを接続してスケッチの確認をしました。 確認した個所は、CW,CCW,UP,DOWNの出力P…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(4)

4.3軸 加速度/ 磁気センサ LSM303DLHCモジュール AZ,ELの検出にはいろいろな方法があります。ポテンションメータ(ボリューム)、ロータリーエンコーダ、パルス出力、デジタルコンパスなどの方法があります。k3ng Rotator controllerにはこれらの機能が組み込まれているようです。 このプロジェクトで…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(3)

3.I2C LCDモジュール 手元にマルツ電子のI2C LCDモジュール16文字×2行(MI2CLCD)があったので、テストの時にAZ/ELが表示するようにした。実際に運用する際は、必要がないので取り外す予定です。 MI2CLCDのアドレスは、0x3Eである。MI2CLCD用のライブラリには、"I2CLiquidCrysta…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(2)

2.部品の手配 とりあえず検証が必要な部品から手配をかけました。 部品名手配先数量価格注文到着3軸 速度センサモジュール 3軸 ジャイロスコープ 磁気センサ Arduino用 LSM303DLHCモジュールAMAZON(JP)16903/13/13perfk ロボット用L298NモータードライブコントローラーボードDCステッ…
コメント:0

続きを読むread more

小型 方位/仰角ローテータ(AZ/EL Rotator)の作成(1)

1. はじめに 以前より移動運用のサテライト通信のためのPCでコントロールできる「小型の方位/仰角ローテータ」を探していました。方位/仰角ローテータは、ヤエスやクリエート デザインで発売していますが、80k円以上しますのでおいそれと手が出せません。また目的とするのは、小型のサテライト通信アンテナ用なのでこれらのローテータでは大…
コメント:0

続きを読むread more

YAESU FT-991Aへの改善要望

FT-991Aの機能改善要望をYAESU無線に提出しました。 とりあえず次の1件です。 もし内容に同意いただければ、YAESU無線に要望を出していただけませんか? 要望が多ければ多いほど実現の可能性が高まると思われます。 1.CWテキスト メモリーの編集方法‘(2020-03-03提出) FT-991AのCWテキスト …
コメント:0

続きを読むread more

1200MHz Biquad アンテナの製作

ネットを見ていたら面白いアンテナの自作記事を見つけました。JP3DGT 生地氏の「Biquad Antenna(バイカッドアンテナ)の製作」である。最近、ICOMのI-C9700を入手した。144MHz帯と430MHz帯のアンテナは揚げているが、1200MHz帯のアンテナはだいぶ以前に下ろしたきりになっているので,1200MHzのアンテ…
コメント:0

続きを読むread more

miniVNA Tinyで同軸ケーブルのロスを測定する

アマチュア無銭(無線)家の私にとって、同軸ケーブルが必要になったときは古いケーブルの中から使えそうなケーブルを探して使用するのは常のことです。それでも、できるだけ良いものを選んで、安心して使いたいという希望を持っています。 今回は、144MHzと430MHzで使えそうなケーブルであるかどうかを判断するため、miniVNA Tiny…
コメント:0

続きを読むread more

miniVNA Tinyの設定

同軸ケーブルの良否を判断するために、久しぶりにminiVNA Tinyを取り出した。 使用方法を忘れているので、マニュアルとにらめっこでの作業となった。その中で、今まで何気なく操作していたことが、より精度を上げ、操作を簡単にできることが分かったので、記憶のために記事にしておきます。 0.環境は miniVNA Tiny(FW …
コメント:0

続きを読むread more